wiki:vimrc

vimrcはこんな感じでどうぞ(端末はUTF-8)

set cpoptions+=u
set autoindent
set shiftwidth=2
set exrc
syntax on

" 端末がUTF-8の場合、encoding=japanにすると文字化けする。
"set encoding=japan

" ○とか↑とかの幅。
set ambiwidth=double

" 開く時は、UTF-8、SJIS、EUCの順番に試してみる。
set fileencodings=utf-8,cp932,euc-jp

" 新しく作成した時はUTF-8にセットする。
autocmd BufNewFile *.{py,php,txt,css,htm*}{,.in} set fileencoding=utf-8

vimの便利な機能のうち、「アンドゥを何度もできる」機能は嫌いなので、本来のviコンパチに変更しています。 個人的には、結構困るんですよ。昔のviで指が慣れているものだから。

あ。2文字インデント仕様です。そうじゃない人は気をつけてください。

最近はファイルの中身も端末もUTF-8にすることが多くなりました。 OSも最近はUnicodeが標準だしね。Pythonも内部はUnicodeだ。 EUC-JPやSJISの時代じゃないですよ。なんて言ったらmohta氏に怒られるかな。 お。mohta氏は最近どうしているのだろう。Unicode使わずに暮らしているだろうか。

そりゃそうと、そういうわけで、「set encoding=japan」は指定しちゃだめです。 UTF-8は日本語ではないもんね。指定すると文字化けします。 UTF-8にすると「」とか「×」とか「」が半角だと仮定されてしまって、編集中に表示が崩れてややこしいことになります。 この問題は、「set ambiwidth=double」を指定しておけば解決します。

syntax onはプログラム構文に応じた色分けをしてくれますので便利かと思います。

参考

(2007/4/28 sgk)