wiki:VG420aBtoNext

VG420aでBフレッツからフレッツ光ネクストへ

VG420aでひかり電話を利用しています。アクセス回線はBフレッツでしたが、このたび、フレッツ光ネクストに変更しました。

VG420aはそのまま使えるのか。

使えます。

 公式ページにもそう記載されています。ただし、バージョン5以上。 asteriskはとても古いバージョンですが、Bフレッツのころと同じように使えています。

やらなきゃいけないのは、VG420aの管理画面の『ひかり電話種別』を「ひかりでんわオフィスタイプ(フレッツ 光ネクスト)」に変更して再起動をかけるだけです。 局側の工事も必要とのことですので、ご注意を。というのも今回、VG交換なしということで、ひかり電話分の工事のオーダーが宙に浮いていたからです。

ちなみに、少し振り返ると、こんな感じ。

今回、アクセス回線のプラン変更をお願いしたら、116の窓口の方は、『VGも430へ変更する必要がある。』と言ってきました。 116に聞く前に、通信機器お取扱相談センターに相談した際には、上記の公式ページの対応表にあるようにVG420aを継続利用出来ると教えてくれたので、 その内容を伝えると、確認をとったらしく、『使えるようだが、交換をしないならひかり電話については、開通確認もしない』と言われました。 結果、ひかり電話分の工事のオーダーがまるごと宙に浮いてしまっていたということです。

ONUの交換の工事担当の方が気を利かせて、これまた近くにいたひかり電話工事の担当の方に引き継いでくれたことが幸いし、 Mac OS X&Safariでは管理画面からの再起動がうまくいかず、Windwos機を探さなければならなかったこともあり時間がかかりましたが、約4時間で工事は完了しました。

管理画面からの再起動がうまく行かないので、設定の初期化をしたりしました。これは、本来の『ひかり電話種別』変更に必要なことではないと思いますが、念のため触れておきます。

2011.7.30