wiki:UsingMozillaSunbird

Version 4 (modified by go, 12 years ago) (diff)

--

Mozilla Sunbirdとカレンダーサーバを使ってみる。

非技術者の戯言?に戻る

今利用しているグループウェア製品に換わる新しいものを検討するために、いろいろ試すことになりました。ただいま、Mozilla Sunbirdをお試し中です。使ってゆくうちに気が付いた点についていろいろ書いてゆきます。一ユーザなので、大したことは書けませんが、使い勝手などをレポートできればと思います。

お試ししている理由

なぜ今までのグループウェアを換えたいのか?幾つか理由があります。

  • ライセンスが人員増でそろそろ一杯
  • 今使っている製品は既に販売終了していてライセンスを買い足せないらしい
  • シリーズ後継製品を買いたいと思うほどにはよさを感じていない
  • オープンソースのものを利用してみたかった

などなど。

まだ時間はあるので、いろいろ試して選んでみたい。でもそんなに大したことがしたい訳じゃありません。

  • 個人の予定表と会議室などの設備予約とタスクリストが最低限欲しい
  • メールとは繋がってなくても当分よし
  • 指定した時刻にデスクトップ上にアラートが上がるとうれしい
  • 入力は日本語でなければ困るけれど、表示は日本語ならうれしい



とりあえずMozilla Sunbirdを使ってみる

以下の条件で、社内の優秀な技術さんに調査をお願いしました。

  • 社内の優秀な技術さんからお勧めがある :)
  • オープンソースのもの、できればメンテナンスが容易な、できれば無償のもの
  • 書かれる内容を考えて、サーバは公開サービスのものは利用せず社内に立てる
  • できればウェブベースがいいけど、こだわらない

すぐにいろいろ調べてもらった結果(nakaiさんありがとう!)、まずはMozillaのSunbirdかLightningをクライアントに使って、サーバはiCalendarのサーバを試すのはどうでしょう?ということになりました。

Mozilla Sunbirdのインストール

さっそくmozillaの Calenderプロジェクトのサイトへ。似たようなものが2つあります。

メーラーに Mozilla Thunderbirdを使っていてメールと予定表を連動させたい人には、 Lightningの方がお勧めのようです。でも私は利用していないので Mozilla Sunbirdを選択することにしました。
ダウンロードサイト
Windows用の英語版を落としてインストール、その後に日本語化パックを落として追加インストールする、という順番です。

参考: Lightningはこちら

今回インストールしようとしているのは、

  • sunbird-0.5.en-US.win32 インストーラ付き
  • sunbird-0.5.ja.langpack-0.5.2

開発者向きらしいので単なるユーザとしてはちょっと不安。あとから一般ユーザ向きと書いてある0.3.1に変えるかも。

いろいろ試しているのですが、私のWindowsXP SP2のPCにはなぜか、日本語化パックがインストールできません。最初はMozilla Sunbirdと日本語化パックのバージョンを間違えていたらしいのですが、全部アンインストールしてバージョンを揃え直してもやっぱり完了しない。おかしいなあ。

まあ、英語版でも入力と表示は日本語が可能なので、とりあえず不自由はないということで当分英語版を使います。 でも何で日本語パックは入らないのでしょう。。

Mozilla Sunbirdの設定

さて、最初から「Calendars」タブに「Home」とかが見えてますが、とりあえず無視して後から消します。まずは社内に立ててもらったサーバに自分の他にも何人か登録してもらったので、自分の設定の他、その人達のも一緒に見えるようにします。

  • メニューバーの「File」→「New Calendar…」あるいは「Calendars」タブで右クリックして→「New Calendar…」を選択。
  • 「Crate a new calender」というウィザードが出てきます。「On the Network」を選択し、「Next >」ボタンを押して次へ。
  • 「Format:」で今回は「iCalendar」を選択し、「Location:」で表示したい登録ユーザのURLを記入。「 https://***.***.***.***/someone.ics」みたいな感じです。「Next >」ボタンを押して次へ。
  • 次のウィンドウで表示したい登録ユーザのIDを入力し、予定表に表示されるときの色を選択します。「Next >」ボタンを押して次へ。
  • 「Your calendar has been created」の表示が出たら、「Finish」ボタンを押して完了。
  • 「calendars」タブや予定表の中に新しく別の人の情報が出てきたか確認します。


これで、大体できあがりみたいです。インストールから設定まで約5分。当たり前なのだろうけれど、簡単でいいなあ。

使いはじめてみて

まだ使い始めたばかりですので余りありませんが、徐々に書いてゆきます。

  • 予定やタスクを作るのはかなり楽です。マウスでくりくりっといじるとできるのは快適です。
  • 複数ユーザで予定の所有を「共有」できないみたい。予定表に表示される予定が自分とAさん両方にとって自分が関連していることがすぐ分かるようにするにはどうしたらいいだろう。たとえば自分とAさんで会議をするという予定を登録する場合にも、予定はどちらかの所有にしかならないみたい。設備もユーザにして予定を共有できていればいいかなあと思っていたのだけれど、どう結び付けられるのかなあ。
  • 「Atendees」にメールアドレスが書けるけれど、メーラーが連携して無いとメールも来る訳ないのでここは意味ないっぽい。Lightningならとっても意味がある機能なんだろうけれど。



非技術者の戯言?に戻る