wiki:UbuntuQEMUKernelModule

UbuntuでQEMUを高速化する(kqemuモジュール)

Ubuntu Feistyにkqemuを入れてみます。kqemuはカーネルモジュールなんですが、入れるとQEMUが高速になるそうです。 元々はkqemuの部分だけ有償だったのですが、最近オープンソースになりました。ありがたいです。 Debianの場合はこっちにどうぞ。 注意点。VMwareで動いているUbuntuにkqemuを入れると、QEMU単体よりも遅くなります。

QEMUのインストール。

% sudo apt-get install qemu

kqemuのインストール。

% sudo apt-get install kqemu-source
% sudo module-assistant prepare
% sudo module-assistant build kqemu
% sudo module-assistant install kqemu

apt-get install kqemu-source」すると「/usr/src」に「kqemu.tar.gz」が作られますが、自分で展開してビルドしちゃだめですよ。

あとひといき。

% sudo addgroup --system kqemu

以下の内容で「/etc/udev/rules.d/60-kqemu.rules」を作成。

KERNEL=="kqemu", NAME="%k", MODE="0660", GROUP="kqemu"

/etc/modprobe.d/kqemu」を以下のように修正。

options kqemu major=0

/etc/modules」を編集して、以下の内容の行を追加。

kqemu

あとは、kqemuを使うユーザに対して、「sudo adduser ユーザ名 kqemu」を実行。

最後に、再起動する。 面倒なときは「sudo modprobe kqemu」を実行してから、ログアウト&ログイン(こっちがめんどいかも)。

出典

(2007/5/18 sgk)