Changes between Version 1 and Version 2 of ThriftBrief


Ignore:
Timestamp:
11/11/09 08:26:35 (10 years ago)
Author:
kosuke
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ThriftBrief

    v1 v2  
    1111 これらの解決策は、あらゆる言語で実行される、言語に中立的なソフトウェアとコード発生器(そのソフトウェアのシンプルなインターフェイスとデータ定義をさまざまな言語でかかれているクライアントやサーバーに翻訳する機能)を組み合わせることでした.。しかも、十分なパフォーマンスを実現するためには、静的なコードにする必要がありました。そうすることによって、内向きな実行時間を気にする必要なく、優れたコードを書くことができます。もちろん、シンプルなデザインにするねらいもあります。 
    1212 
    13 こういったソフトウェアがいままでなかったことへの驚きが、Thrift開発者のモチベーションになったみたいです。 
     13 こういったソフトウェアがいままでなかったことへの驚きが、Thrift開発者のモチベーションになったみたいです。 
    1414 
    15 ネットワーク環境で、Thrift開発にチャレンジをした時に、いくらかの主要な5つの要素が必要になりました。 
     15 ネットワーク環境で、Thrift開発にチャレンジをした時に、いくらかの主要な5つの要素が必要になりました。 
    1616 
    1717 1つ目は、type要素です。共通のタイプ(int,charなどの型)はアプリケーション開発者が、カスタムのThriftの型を使ったり、彼ら自身がシリアライズコードを書いたりしなくても存在しなければなりません。言うならば、C++プログラマーが意識せずに強固なSTLマップを動的なpython ディクショナリに変換できるべきです。プログラマーがコードを書くときに、アプリケーションレイヤより下のコードを書かなくても、共通の型を使えるようにしなければなりません.