Changes between Version 1 and Version 2 of PythonCamellia


Ignore:
Timestamp:
05/06/06 07:49:16 (14 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • PythonCamellia

    v1 v2  
    88 * 鍵長は128、192、256ビット。 
    99 * だいぶ作りを変えましたが、簡単なテストは行ってあります。 
     10 
     11 * オリジナルどおりのAPIなので、単に128ビット(16バイト)ブロックの暗号化復号化ができるだけです。 
     12 * ある程度は処理速度を考えてありますが、全部Pythonなのでそれほど速くないでしょう。 
     13 * ベンチマークやってません。 
     14 * 簡単なテストしかやってありません。 
     15 
     16== ダウンロード == 
     17 
     18すみません。パッケージはこれから準備します。 
     19 * [http://omake.accense.com/browser/camellia/trunk/camellia.py?format=txt ソース] 
     20 * [http://omake.accense.com/browser/camellia/trunk/camellia.py ブラウズ] 
    1021 
    1122== Camelliaそのものについて == 
     
    2334 
    2435BSD風ライセンスです。詳しくはソース自体をご覧下さい。オリジナルはBSD風、GPL、MPL風、OpenSSL風から選べるという贅沢ななものですが、今回はBSD風版のCのソースを見ながら書いたので、BSD風に固定です。オリジナル、なぜかライセンスごとにソースファイルが別々なんですよ。コード自体は同じ物のようなんですが。1つのソースの頭に複数のライセンスを書いておけばいいのに。 
     36 
     37== このあとやること == 
     38 
     39 * 暗号化モード(CBCとか) 
     40 * [http://www.amk.ca/python/code/crypto PyCrypto]互換API 
     41 * チューニング 
     42 * `C`版をそのままネイティブモジュール化してみる 
     43 
     44== リンク == 
     45 
     46 * [http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/50476417.html Perl版の実装]