Changes between Version 11 and Version 12 of PyCon2008


Ignore:
Timestamp:
03/15/08 19:19:25 (12 years ago)
Author:
ymasuda
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • PyCon2008

    v11 v12  
    8383ユーザに受け入れられるサービスを「真実を語れ」「怠惰は敵」「お客様第一」「迅速第一」という言葉で分かりやすく解説。 
    8484 
    85 Van Lindbergのオープンソースと知財の話。財のありかたを4つの種類に分けて、「情報」を「Public Good」と位置づけていました。新たな知識を生み出すには膨大なコストが必要な一方、複製のコストは低いものです。知財とは、知識と法の複合体で、オープンソースは「知財と協働の取引きを行うための法的な産物」と定義していました。ソフトウェアの公開性を囚人のジレンマになぞらえ、OSIの憲章を引用して、ソフトウェア公開すれば、短期的に「自分の」懐に入るはずの利益(個の利益)を失うように思えるが、それはローカルマキシマにすぎない、協働しやすくすることで、長い目で見れば大きな利益(全の利益)を得られると説いていました。 
     85Van Lindbergのオープンソースと知財の話。財のありかたを4つの種類に分けて、「情報」を「Public Good」と位置づけていました。新たな知識を生み出すには膨大なコストが必要な一方、複製のコストは低いものです。知財とは、知識と法の複合体で、オープンソースは「知財と協働のトレードを成り立たせる法的な産物」と定義していました。ソフトウェアの公開性を囚人のジレンマになぞらえ、OSIの憲章を引用して、ソフトウェア公開すれば、短期的に「自分の」懐に入るはずの利益(個の利益)を失うように思えるが、それはローカルマキシマにすぎない、協働しやすくすることで、長い目で見れば大きな利益(全の利益)を得られると説いていました。 
     86 
     87=== 11:35 === 
     88 
     89昨日昼食を一緒にとったMaciej FijalkowskiのPyPyの発表。この発表を聞くまで、ただのJust another Python implementationだと思ってました。値を返す関数をラップして遅延実行できるだけでなく、ラップした関数の型が戻り値の型になっている!これは凄い。open('tcp://127.0.0.1:8080')で'''file型を返させて'''、'GET /'をwrite()するとレスポンスをread()できるように作れるなんて、面白い! 
     90 
     91=== 12:10 === 
     92 
     93James Bennetによる、再利用可能なDjangoアプリケーション開発方法の発表。Djangoアプリケーションを開発するときのポリシーを確かめようと参加しました。内容は予想通りで、アプリケーションを開発するときの機能の切り出し方や、サイトごとにアプリケーションの設定を変えられるようにするにはどうすればよいかを解説していました。'''プロジェクトは本質的にはsettingsとurlsだけでしかない'''、のです。やっぱり。 
     94 
     95=== 12:40 === 
     96 
     97昼食。今日はランチボックスじゃなくてバーガーが出た。自分で調節できたはずなのに結局残す。昼食後フラフラ歩き回っていたら、Brianさんと会ってしばらく会話。そこにGeoffrey Jostという方が来て、'''関西弁'''で挨拶してくれた。ロスの日系人博物館で働いていたとのこと。日本にも留学していたそうだ。 
     98 
     99午後の最初のセッションは、めぼしいトークがないので休憩。眠い... 
    86100 
    87101== スケジュール ==