wiki:PyCon2007/sgk

Version 4 (modified by sgk, 13 years ago) (diff)

--

PyCon2007/sgk

PyCon2007 >> sgk

PyCon

2007/2/22

この日はPyCon本番ではなく、本番の前に行うチュートリアルの日。 せっかく遠くまで行くのだからと、午前午後に1コマずつフルに申し込んだのだけど。

午前:Using the DB API
ちょうど、スポンサーの申し込みを行ったときに担当してくれたSteve Holden氏が講義。 40代後半か50くらいの優しそうなおじさん。もう15年もこの業界でコンサルタントをしているのだそう。 最初に全員の自己紹介を求められ、ちょっと焦る。英語苦手ですって。ま、お客さん状態じゃ参加できないってわけね。

講義は、様々なデータベースを操作する、Pythonに備わっている共通化APIをどう使うかって話。 前半はSQLデータベースとは何かとか、CRUDとか、リレーションとかの一般論。 そうかと思うと後半はいきなり、SQL文も書くような演習になってどきどきする。 PostgreSQL用に書いてあるサンプルを見ながら、自分の好きなDBに合わせて変更してね、と(僕はSQLiteを選択)。 ううん。前半のデータベース概論が役に立つレベルの人には、後半はむしろ難しいのじゃないかなあ。 普段SQLも書かないし、DB APIも使わない僕はちょっと汗々だったけど、本質的に何か勉強になったかと言うとちょっとどうだろう。 ドキュメントを読めば済むこと…と言ったらみもふたもない。 手を動かして勉強する環境に置かれたというのは意味があったように思う。

あと、各種ソフトウェアの英語での読み方を知ったのは面白かった。 日本でSQLを習うときは一番最初に「しーけるじゃなくてえすきゅーえる」って習う。 「しーけるってのは、標準化される前にIBMで作られていた製品の…」どうのこうの。 でも、講師も、生徒もみんな「しーくぇる」と読んでるみたい。 PostgreSQL=ぽすとぐれしーくぇる、psycopg=さいこっぷじー、MySQL=まいしーくぇる、SQLite=しーくぇるらいと、などなど。 (記憶違いが混ざってるかもしれません)

午後:Faster Python Programs through Optimization and Extensions II
ドイツで「Python Academy」って教室を持っている人が講師。 どうもぼそぼそ喋りで、全く聞き取れません。さっきのSteve Holden氏のすばらしさを再認識する。

Pythonで高速なプログラムを書くという課題は、MielLinkのサーバを研究しているときにさんざんやったんです。 文字列を足す代わりに「''.join(args)」ってやるとか。

2007/2/23

2007/2/24

2007/2/25

おまけ

2007/2/21

お食事(21)

2007/2/22

お食事(22)

2007/2/23

2007/2/24

2007/2/25

2007/2/26