Changes between Version 2 and Version 3 of OpenWRTAlix


Ignore:
Timestamp:
04/08/10 15:10:10 (9 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • OpenWRTAlix

    v2 v3  
    1616}}} 
    1717 
    18 これでは、用意されているパッケージは最小限なので、その他のパッケージをビルドできるようにします。 
     18これでは、用意されているパッケージは最小限です。 
     19その他のパッケージをビルドできるよう、パッケージの生成方法が書いてあるファイルを持って来ます。 
    1920 
    2021{{{ 
     
    3637設定の抜粋。 
    3738 
    38  * Target System (x86) 
    39  * Subtarget (Generic 
    40  * Target Profile (PCEngines Alix) 
    41  * Target Images 
    42    * [ ] ramdisk 
    43    * [*] squashfs 
    44    * [*] Build GRUB images (Linux x86 or x86_64 host only) 
     39 * `Target System (x86)` 
     40 * `Subtarget (Generic)` 
     41 * `Target Profile (PCEngines Alix)` 
     42 * `Target Images` 
     43   * `[ ] ramdisk` 
     44   * `[*] squashfs` 
     45   * `[*] Build GRUB images (Linux x86 or x86_64 host only)` 
    4546 
    4647あとは、欲しいパッケージを選択する。 
     
    7879 * 「`dd if=/dev/zero of=img bs=10M count=25`」 --- だいたい250Mにしてみる場合。 
    7980 
    80 起動イメージを書き込みます。 
     81作ったファイルの先頭に、起動イメージを書き込みます。 
     82「先頭に」っていうのが重要。後半をカラのまま空けておきます。 
     83Squashfs自体は読み出し専用なのですが、設定などの変更は、この後半の空き領域に書き込まれるのです。 
    8184 
    8285{{{