wiki:MeiryoOblique

メイリオには日本語の斜体が無いようだ

ちょっと小手先の作業で、当サイトのフォントを変えてみました。 ウィンドウズXPの人、Macな人、Linuxデスクトップの人その他みなさんごめんなさい。 ウィンドウズVistaじゃないとわからないはずです。 フォントの名前は「メイリオ」。日本語で「明瞭」なフォントとして開発されたものだそうです。 「明瞭」を「Meiryo」と書いて、アメリカ人に発音させたら「メイリオ」。東京を「トキオ」と呼ぶのと似ている。 たしかに、小さな文字でも読みやすいのがいいです。 これで等幅フォントがあったらいいんだけどな。 わりとプロポーショナルの度合いがきつくて、「''」と「"」の区別がつきません。 ほら、わかんないでしょ(Vistaな人)。前者はシングルクオート2個、後者はダブルクオートです。 「''''""'"''""''"'''"""""'''"'"''"'」わけわかりません。 もうひとつ好きじゃないのは、“「”と“」”がプロポーショナルじゃないこと(その他記号類もプロポーショナルじゃないように思います)。 つまり、半角分の空白を含んだ状態になっていること。 人のセリフなどを含んだ文章を書くと、行頭がガタガタして美しくないです。 文字の美しさにここまで注力したのに、なぜ記号類をプロポーショナルにしなかったのか。 互換性ってことなんですかね。んー。

そういや、「2ちゃんねる」とかでいう「アスキーアート」をメイリオで表示してもちゃんと見えるという話を聞いたことがありますが、ほんとうなのかな。 そういう互換性を維持するために、あえて、「MS Pゴシック」と文字幅を同じにしたんだとか。 うろ覚えです。

ちょいと焦ったのは、日本語の斜体がないことです。 斜体にすると、アルファベット類(半角)だけが斜体になり、日本語(全角)は知らんぷりです。 なぜ?どうして?開発コストの問題か?Vistaのリリースに間に合わなくて時間切れなのか?

いや、 仕様だそうです 元MSの古川さんが書いてますが、確かに「斜体」なんてのは、古き悪しき時代の「日本語ワープロ」がコスト的ハード的に複数のフォントを搭載できない中で文字のバリエーションを無理矢理増やそうとして作り出した「文字飾り」に過ぎないんでしょうね。 あえて文字を加工して斜体なりなんなりにするのは、読ませる文字じゃなくて、グラフィックデザインの話(見せる文字)。と。 確かに…、なんだけど、じゃ、半角だけ斜体があるのはなぜだろう?疑問はつきません。 メイリオフォントを電子的に加工して斜体にするのではなくて、別のフォントで「Meiryo Oblique」を用意してくれたらよかったのに。 いや、これこそコストの問題かもしれませんね。

↓これはメイリオではありません。

2007/5/15 sgk