Changes between Initial Version and Version 1 of LinuxVMwareGuestSlowRTC


Ignore:
Timestamp:
07/12/08 12:31:34 (11 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • LinuxVMwareGuestSlowRTC

    v1 v1  
     1= Linux:VMwareのゲストのLinuxで、時計が遅い = 
     2 
     3VMwareのゲストとしてLinuxをインストールして動かしていると、このゲストの時計がとても遅く進行します。 
     4特に、重いI/O処理をたくさん実行すると、どんどん遅れる。 
     5時計の割り込みを取りこぼしているっていう状況。 
     6 
     7== 資料 == 
     8 
     9http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?cmd=displayKC&externalId=1420 
     10 
     11この資料によれば、時計が遅い場合だけでなく、速く進行してしまうこともあるそうです。 
     12対処は、「いちばんいいのは、VMware Toolsを動かすこと」だそうな。 
     13それができない場合は、カーネルの起動引数をいじれと。 
     14 
     15== 対処 == 
     16 
     17カーネルの起動引数(コマンド引数)に、「`clock=pit noapic nolapic`」を追加します。 
     18 
     19ブートローダとしてGRUBを使っているなら、こんな感じ。 
     20 
     21{{{ 
     22kernel          /boot/vmlinuz-2.6.18-6-686 root=/dev/sda1 ro clock=pit noapic nolapic 
     23}}} 
     24 
     25DebianやUbuntuなら、こんな感じに設定してから「`update-grub`」コマンドを実行。 
     26 
     27{{{ 
     28## additional options to use with the default boot option, but not with the 
     29## alternatives 
     30## e.g. defoptions=vga=791 resume=/dev/hda5 
     31# defoptions=clock=pit noapic nolapic 
     32}}} 
     33 
     34''(2008/7/12 - sgk)''