Changes between Version 4 and Version 5 of LinuxRAID1Transition


Ignore:
Timestamp:
01/06/08 10:34:53 (12 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • LinuxRAID1Transition

    v4 v5  
    7373パーティションのタイプ(システムID)は「`fd`(Linux raid autodetect)」にします。 
    7474余った部分は、スワップ領域として使うことにします。 
     75この後の「GRUB stage1/stage2をインストール」とも関係しますが、`sdb1`に起動フラグをつけておきます。 
    7576 
    7677fdiskの結果はこんな感じです。もちろん、サイズなどは個々の環境によって異なります。 
     
    7879{{{ 
    7980   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System 
    80 /dev/sdb1               1        9388    75409078+  fd  Linux raid autodetect 
     81/dev/sdb1   *           1        9388    75409078+  fd  Linux raid autodetect 
    8182/dev/sdb2            9389        9964     4626720   82  Linux swap / Solaris 
    8283}}} 
     
    133134}}} 
    134135 
    135 == GRUB stage1をインストール == 
     136== GRUB stage1/stage2をインストール == 
    136137 
    137138GRUBのstage1を、`sdb`のMBRおよび、`sdb1`の最初にインストールします。