Changes between Version 3 and Version 4 of LinuxRAID1Transition


Ignore:
Timestamp:
01/06/08 10:28:36 (12 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • LinuxRAID1Transition

    v3 v4  
    130130# mkfs -t ext3 /dev/md0 
    131131# mount /dev/md0 /mnt 
    132 # rsync -aHA --one-file-system / /mnt 
     132# rsync -aH --one-file-system / /mnt 
    133133}}} 
    134134 
     
    152152grub> device (hd0) /dev/sdb 
    153153grub> root (hd0,0) 
     154 Filesystem type is ext2fs, partition type 0xfd 
    154155grub> install /boot/grub/stage1 (hd0,0) /boot/grub/stage2 (hd0,0)/boot/grub/menu.lst 
    155156grub> install /boot/grub/stage1 d (hd0) /boot/grub/stage2 (hd0,0)/boot/grub/menu.lst 
     
    158159}}} 
    159160 
    160 上記の「`/boot/grub/stage2`」の後に「`0x8000`」指定する流儀もあるようですが、指定しなければ自動的に決定されます。 
     161上記の「`/boot/grub/stage2`」の後に「`0x8000`」指定する流儀もあるようですが、指定しなければ自動的に決定されます。 
    161162むしろ、指定しない方がいいと思います。 
     163 
     164 `device (hd0) /dev/sdb`:: 
     165   今回の操作の中で「`(hd0)`」とは「`/dev/sdb`」のことだと宣言します。 
     166 `root (hd0,0)`:: 
     167   今回の操作の中で「ルートデバイス」は「`(hd0,0)`」だと宣言します。 
     168 `install /boot/grub/stage1 (hd0,0) /boot/grub/stage2 (hd0,0)/boot/grub/menu.lst`:: 
     169   stage1を`sdb1`パーティションの先頭に、その後ろにstage2をインストールします。 
     170 `install /boot/grub/stage1 d (hd0) /boot/grub/stage2 (hd0,0)/boot/grub/menu.lst`:: 
     171   stage1を`sdb`ドライブの先頭に、その後ろにstage2をインストールします。 
     172   起動時に「起動ドライブ(stage1を読み込んだドライブ)以外のドライブでもstage2を探す」ことを、「`d`」で指示します。 
    162173 
    163174== 起動の設定を変更する ==