Changes between Version 28 and Version 29 of LinuxRAID1Transition


Ignore:
Timestamp:
01/09/08 05:48:02 (12 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • LinuxRAID1Transition

    v28 v29  
    4141 1. ルートファイルシステムから中身をコピーする。 
    4242 1. 作ったRAIDをルートファイルシステムとして動くように、起動の設定を変更する。 
    43  1. 再起動する。                                 '''←いまここ''' 
     43 1. 再起動する。 
    4444 1. 元々ルートファイルシステムだったドライブを消去し、RAIDに参加させる。 
    45  1. リビルドが終わるのを待つ(放置)。 
     45 1. リビルドが終わるのを待つ(放置)。                           '''←いまここ''' 
     46 1. GRUBをちゃんと設定する。 
    4647 
    4748== 準備 == 
     
    164165ここで、「`root=/dev/sda1`」となっているのを、「`root=/dev/md0`」に変更します。 
    165166 
    166 == /etc/fstabを変更 == 
    167  
     167== ルートファイルシステムとして使うパーティションを変更 == 
     168 
     169以後、ルートファイルシステムとして、`/dev/md0`を使います。 
     170 
     171「`/etc/fstab`」を開きます。 
    168172{{{ 
    169173#!html 
     
    175179/dev/sda5       none            swap    sw              0       0 
    176180/dev/hdc        /media/cdrom0   iso9660 ro,user,noauto  0       0 
    177 /dev/fd0        /media/floppy0  auto    rw,user,noauto  0       0 
    178 # 
    179 #/dev/sdb1       /backup         ext3    defaults,errors=remount-ro 0       1</pre> 
    180 }}} 
    181  
    182 `/etc/fstab`を開き、「`/dev/sda1`」となっているのを、「`/dev/md0`」に変更します。 
    183  
     181/dev/fd0        /media/floppy0  auto    rw,user,noauto  0       0</pre> 
     182}}} 
     183 
     184「`/dev/sda1`」となっているのを、「`/dev/md0`」に変更します。 
    184185 
    185186== 各種サービスを停止してから、もいちどrsyncして再起動 == 
     
    249250一瞬で非常に素っ気ないメッセージが返ってきますが、これで大丈夫です。 
    250251「`mdadm --detail /dev/md0`」または「`cat /proc/mdstat`」で状態を見ると、同期が始まっているはずです。 
     252この先、GRUBの設定を行う段階では、同期が完了している必要があります。 
     253少々時間があるので、この間に、次の「swapを追加する」作業と「GRUBのCDを作る」作業をやっておきましょう。 
     254 
     255== swapを追加する == 
     256 
     257最初のfdiskで、`/dev/sdb2`のパーティションのタイプ(システムID)を「Linux swap」として設定したまま使っていません。 
     258使うように設定します。 
     259 
     260{{{ 
     261# mkswap /dev/sdb2 
     262}}} 
     263 
     264「`/etc/fstab`」を編集して、`/dev/sdb2`をスワップ領域として使うように設定します。 
     265うちの環境では以下のようにしました。太字の部分が、追加した行です。 
     266 
     267{{{ 
     268#!html 
     269<pre class="wiki"># /etc/fstab: static file system information. 
     270# 
     271# &lt;file system> &lt;mount point>   &lt;type>  &lt;options>       &lt;dump>  &lt;pass> 
     272proc            /proc           proc    defaults        0       0 
     273/dev/md0        /               ext3    defaults,errors=remount-ro 0       1 
     274/dev/sda5       none            swap    sw              0       0 
     275<b>/dev/sdb2       none            swap    sw              0       0</b> 
     276/dev/hdc        /media/cdrom0   iso9660 ro,user,noauto  0       0 
     277/dev/fd0        /media/floppy0  auto    rw,user,noauto  0       0</pre> 
     278}}} 
     279 
     280このあと、以下のコマンドを実行します。 
     281 
     282{{{ 
     283# swapon -a 
     284}}} 
     285 
     286ちゃんとスワップ領域として使われるようになったかは、「`swapon -s`」コマンドで確認します。 
    251287 
    252288== GRUBのCDを作る == 
     
    267303== このあとのあらすじ == 
    268304 
    269  * `fdisk /dev/sda`で、sda1のシステムIDをRAIDに変える。 
    270  * `/dev/sda1`をRAIDに参加させる。 
    271  * mkswap /dev/sdb2、vi /etc/fstab、swapon -a 
     305 * リビルドを待つ(放置)。 
    272306 * GRUB stage1/stage2のインストール。 
    273307 * 再起動。祈る。 
    274  * リビルドを待つ(放置)。 
    275308 * ドライブをはずして、再起動してみたりする。 
    276309