Changes between Version 15 and Version 16 of LinuxRAID1Transition


Ignore:
Timestamp:
01/08/08 08:01:03 (12 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • LinuxRAID1Transition

    v15 v16  
    8989 
    9090{{{ 
    91 # mdadm --create /dev/md0 --auto=md --level=1 --raid-devices=2 /dev/sdb1 missing 
     91# mdadm --create /dev/md0 --auto=md --level=1 --raid-devices=2 missing /dev/sdb1 
    9292}}} 
    9393 
     
    9898 * 「`--auto=md`」を指定しないと、「/dev/md0が無いぞ」というようなエラーで止まります。 
    9999 * 「`--level=1`」は、RAID1を選択する指示です。 
    100  * 「`--raid-devices=2 /dev/sdb1 missing`」でドライブを指定しています。RAIDは2台で構成する、1台目は/dev/sdb1、2台目は「まだ無い」という指示です。 
     100 * 「`--raid-devices=2 missing /dev/sdb1`」でドライブを指定しています。RAIDは2台で構成する、1台目は/dev/sdb1、2台目は「まだ無い」という指示です。 
    101101 
    102102RAIDはこれでできあがりですが、設定ファイル「`mdadm.conf`」に反映しておきます。