Changes between Version 14 and Version 15 of LinuxRAID1Transition


Ignore:
Timestamp:
01/08/08 07:57:23 (12 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • LinuxRAID1Transition

    v14 v15  
    135135# rsync -aH --one-file-system / /mnt 
    136136}}} 
    137  
    138 == GRUB stage1/stage2をインストール == 
    139  
    140 GRUBのstage1を`sdb`のMBRにインストールします。 
    141 パーティションに直接にファイルシステムを入れてある場合には簡単なのですが、パーティションでRAIDを構成し、その中にファイルシステムが有る場合には、ちょっと面倒です。 
    142  
    143 「`grub`」コマンドを実行して、以下のように操作します。 
    144  
    145 {{{ 
    146 # grub 
    147  
    148     GNU GRUB  version 0.97  (640K lower / 3072K upper memory) 
    149  
    150        [ Minimal BASH-like line editing is supported.   For 
    151          the   first   word,  TAB  lists  possible  command 
    152          completions.  Anywhere else TAB lists the possible 
    153          completions of a device/filename. ] 
    154  
    155 grub> device (hd0) /dev/sdb 
    156 grub> root (hd0,0) 
    157  Filesystem type is ext2fs, partition type 0xfd 
    158 grub> install --stage2=/mnt/boot/grub/stage2 /boot/grub/stage1 d (hd0) /boot/grub/stage2 /boot/grub/menu.lst 
    159 grub> quit 
    160 #  
    161 }}} 
    162  
    163 上記の「`/boot/grub/stage2`」の後に「`0x8000`」を指定する流儀もあるようですが、指定しなければ自動的に決定されます。 
    164 むしろ、指定しない方がいいと思います。 
    165  
    166  `device (hd0) /dev/sdb`:: 
    167    今回の操作の中で「`(hd0)`」とは「`/dev/sdb`」のことだと宣言します。 
    168  `root (hd0,0)`:: 
    169    今回の操作の中で「ルートデバイス」は「`(hd0,0)`」だと宣言します。 
    170  `install --stage2=/mnt/boot/grub/stage2 /boot/grub/stage1 d (hd0) /boot/grub/stage2 /boot/grub/menu.lst`:: 
    171    stage1を`sdb`ドライブの先頭にインストールします。 
    172    現在このパーティションをマウント中なので、「`--stage2=`...」が必要です。 
    173    さもないと、マウント中にもかかわらず、ブロックデバイスを直接に変更してしまいます。 
    174    起動時に「起動ドライブ(stage1を読み込んだドライブ)以外のドライブでもstage2を探す」ことを、「`d`」で指示します。 
    175    ※「`--stage2=`...」以外の引数でファイル名のような物は全て、ルートデバイス中でのファイル名です。 
    176137 
    177138== 起動の設定を変更する == 
     
    224185 
    2251862008/1/7 sgk 
     187 
     188---- 
     189以下、一時置き場。 
     190 
     191== GRUB stage1/stage2をインストール == 
     192 
     193GRUBのstage1を`sdb`のMBRにインストールします。 
     194パーティションに直接にファイルシステムを入れてある場合には簡単なのですが、パーティションでRAIDを構成し、その中にファイルシステムが有る場合には、ちょっと面倒です。 
     195 
     196「`grub`」コマンドを実行して、以下のように操作します。 
     197 
     198{{{ 
     199# grub 
     200 
     201    GNU GRUB  version 0.97  (640K lower / 3072K upper memory) 
     202 
     203       [ Minimal BASH-like line editing is supported.   For 
     204         the   first   word,  TAB  lists  possible  command 
     205         completions.  Anywhere else TAB lists the possible 
     206         completions of a device/filename. ] 
     207 
     208grub> device (hd0) /dev/sdb 
     209grub> root (hd0,0) 
     210 Filesystem type is ext2fs, partition type 0xfd 
     211grub> install --stage2=/mnt/boot/grub/stage2 /boot/grub/stage1 d (hd0) /boot/grub/stage2 /boot/grub/menu.lst 
     212grub> quit 
     213#  
     214}}} 
     215 
     216上記の「`/boot/grub/stage2`」の後に「`0x8000`」を指定する流儀もあるようですが、指定しなければ自動的に決定されます。 
     217むしろ、指定しない方がいいと思います。 
     218 
     219 `device (hd0) /dev/sdb`:: 
     220   今回の操作の中で「`(hd0)`」とは「`/dev/sdb`」のことだと宣言します。 
     221 `root (hd0,0)`:: 
     222   今回の操作の中で「ルートデバイス」は「`(hd0,0)`」だと宣言します。 
     223 `install --stage2=/mnt/boot/grub/stage2 /boot/grub/stage1 d (hd0) /boot/grub/stage2 /boot/grub/menu.lst`:: 
     224   stage1を`sdb`ドライブの先頭にインストールします。 
     225   現在このパーティションをマウント中なので、「`--stage2=`...」が必要です。 
     226   さもないと、マウント中にもかかわらず、ブロックデバイスを直接に変更してしまいます。 
     227   起動時に「起動ドライブ(stage1を読み込んだドライブ)以外のドライブでもstage2を探す」ことを、「`d`」で指示します。 
     228   ※「`--stage2=`...」以外の引数でファイル名のような物は全て、ルートデバイス中でのファイル名です。