Changes between Version 2 and Version 3 of LinuxDebianEtchUSBInstall


Ignore:
Timestamp:
10/07/06 19:26:05 (13 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • LinuxDebianEtchUSBInstall

    v2 v3  
    1010== まずは答 == 
    1111 
    12 今回は特別に答から。もう1台、Linuxマシンが必要です。Sargeでもいいです。ここではDebianの場合で説明します。他のLinuxの場合は適当に読み替えてください。さて、必要なツールを準備し、[http://omake.accense.com/static/DebianEtchUSBInstall.tar.gz このファイル(僕が用意したものです)]をダウンロードしておきます。 
     12今回は特別に答から。作業のために、もう1台Linuxマシンが必要です。Sargeでもいいです。ここではDebianの場合で説明します。他のLinuxの場合は適当に読み替えてください。もちろん、USBメモリを用意しておく必要があります。128Mもあれば十分です。 
     13 
     14作業用のLinuxマシンにおいて、必要なツールを準備し、[http://omake.accense.com/static/DebianEtchUSBInstall.tar.gz このファイル(僕が用意したものです)]をダウンロードしておきます。 
    1315 
    1416{{{ 
    15 # apt-get install syslinux dosfstools 
     17# apt-get install syslinux dosfstools mbr 
    1618# cd /tmp 
    1719# wget http://omake.accense.com/static/DebianEtchUSBInstall.tar.gz 
    1820}}} 
    1921 
     22USBメモリを挿入します。`dmesg`コマンドを実行して、どのデバイスファイルとして認識されたかをチェックします。 
     23 
     24{{{ 
     25# dmesg | tail -20 
     26 : 
     27 : 
     28usb 3-1: new high speed USB device using address 35 
     29scsi27 : SCSI emulation for USB Mass Storage devices 
     30  Vendor: USB       Model: Flash Memory:     Rev: 0.00 
     31  Type:   Direct-Access                      ANSI SCSI revision: 02 
     32SCSI device sdb: 252928 512-byte hdwr sectors (129 MB) 
     33sdb: assuming Write Enabled 
     34sdb: assuming drive cache: write through 
     35 /dev/scsi/host27/bus0/target0/lun0: p1 
     36Attached scsi removable disk sdb at scsi27, channel 0, id 0, lun 0 
     37Attached scsi generic sg1 at scsi27, channel 0, id 0, lun 0,  type 0 
     38USB Mass Storage device found at 35 
     39}}} 
     40 
     41下から3行目あたりで`sdb`と言っているので、`/dev/sdb`だとわかります。以下、`sdb`だった場合で説明します。 
     42 
     43ここからが本題。`fdisk`で全体をパーティション1個にし、`mkdosfs`(さっきインストールした`dosfstools`パッケージに入っています)でFATでフォーマットします。デバイス名は絶対に間違えないように。何度も確認してください。間違えると、最悪の場合、作業用Linuxを壊してしまいます。`fdisk`の使い方はここでは説明しません。わからない人は…、このページの作業は危険なのであきらめた方がいいです。 
     44 
     45{{{ 
     46# fdisk /dev/sdb 
     47 : 
     48 : 
     49# mkdosfs /dev/sdb1 
     50mkdosfs 2.11 (12 Mar 2005) 
     51}}} 
     52 
     53そろそろ作業も終わりです。今フォーマットしたパーティションをマウントし、先ほどの[http://omake.accense.com/static/DebianEtchUSBInstall.tar.gz DebianEtchUSBInstall.tar.gz]を展開します。 
     54さらに、アンマウントしてから`syslinux`コマンドを実行すればおしまいです。 
     55あ。あと、MBRをインストールする必要があります。 
     56 
     57{{{ 
     58# mount /dev/sdb1 /mnt 
     59# cd /mnt 
     60# tar xzfp /tmp/DebianEtchUSBInstall.tar.gz 
     61tar: .: implausibly old time stamp 1970-01-01 09:00:00 
     62# cd /tmp 
     63# umount /mnt 
     64# syslinux /dev/sdb1 
     65# install-mbr /dev/sdb 
     66}}} 
     67 
     68なにやら`tar`が怒っていますが、気にしなくていいです。 
     69 
     70あとは、このUSBメモリをターゲットのマシンに挿入して、BIOSの設定でUSBブートを可能にして起動してください。 
     71いつもどおり、Debianのインストーラが起動するはずです。 
     72USBブートについて、「USBメモリのエミュレーション」の種類が選べる場合には、「ハードディスクとしてエミュレーション」するように設定するといいでしょう。 
     73 
     74== 解説 == 
     75 
     76[http://www.debian.org/releases/stable/i386/ch04s04.html.ja 参考] 
     77 
     78''あとで書きます。''