wiki:IETF69

Version 8 (modified by itsuko, 12 years ago) (diff)

--

 69th IETF

ホストは、モトローラ。

July 21

移動日。United Airlinesで、無事に到着。機内食にカップラーメンがでたのは、初めて。きつねらあーめん。あーめん?? 空港からホテルへは、 Continental Airport Expressを利用しました。料金は$25。グループディスカウントで、$14まで下がるようです。昼過ぎにホテルにチェックイン。夜は、シアーズタワーに上ってみました。103階。夜景、素敵でした。

July 22

寒い。。。寒いです。米国のホテルで開催される会議の会場の空調のはじけた感じは心して来たつもりでしたが、パーカーくらいじゃ負けでした。

参加は20名程度といったところでしょうか。お話は、Jordi Paletさん。前回68thでも同じチュートリアルを担当されていました。

ターゲットは、新しいIETFの作業に従事していて、IPv6の経験がまだない人とされています。BCPなどがあるわけではないけれど、説明なくIPv6を無視している場合、IESGに承認されないので、ドキュメントを書くときのIPv6に関する考慮を促すため設けられたチュートリアルです。

内容は、ソケットAPIに関する部分を除いて上位層への論理的な変更は必要ないのだから、IPv6をサポートするのは難しくないよ。ということでヘッダの構成・アドレス構造から始まって、現在議論されていることも交えつつ、ざっとIPv6をおさらいする感じ。

17:00-19:00は、レセプション。軽食が供されますが、お酒は有料です。

July 23

朝一のセッションに出た後、寒気とめまいに襲われたので、ダウンしちゃいました。夕方には復活しましたが。。。防寒具は、夏でも冬でもしっかり必要だと悟りました。はい。

鍵交換についてのWGがあるのを今更ながら、知りました。標準化って、ほんとに大変な作業ですね。