Changes between Version 3 and Version 4 of Hadoop/HiveFormat


Ignore:
Timestamp:
11/11/09 06:01:00 (10 years ago)
Author:
kosuke
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Hadoop/HiveFormat

    v3 v4  
    77 Hiveはきちんとしたデータベース上だけでなく、パースされたさまざまなデータで動作させることができる.こういった処理を行いたいときは、 SerDeとObjectInspector Java interfaceを通す必要がある。処理できるファイルは、テキストファイル、CSVファイル、バイナリファイルなどである。これらのファイル以外を処理したい場合は、SerDeインターフェイスの実行クラスを編集することで対応できる. 
    88 
    9  
    10   ユーザーが定義したデータタイプを使いたいときも、ObjectInspectorJavaインターフェースをつかうことによって解決できる。ObjectInspector自体は、簡単に編集できるため、好きなデータタイプ用にカスタマイズできる。 
     9 ユーザーが定義したデータタイプを使いたいときも、ObjectInspectorJavaインターフェースをつかうことによって解決できる。ObjectInspector自体は、簡単に編集できるため、好きなデータタイプ用にカスタマイズできる。 
    1110 
    1211 ユーザーはカスタムなファンクションを定義できる。UDFやUDAFを使うことによって、機能の実装はかなり簡単にできる。つまり、SQLにはないファンクションを自分で作成できる。