wiki:GoogleChromeMultiThread

Google Chromeとマルチスレッド?

ま、新しい物好きの端くれとしては、さっそくChromeを使ってます。 速いですね。GmailとかGoogleカレンダーがさくさく動きます。 ちょっとバグっぽいことが起きたり、おいおいって思うこともありますが、おおむね快適。 ダウンロードはちょっと不安感。 銀行とかの業務系は、IE使うけどね。 あ。ジャパンネットバンクはChromeで全くだいじょうぶ。プレーンなHTMLだもんね。

それにしても、マスコミとか、評論家ってやつは好きになれない。 知らないことは知らないって言えばいいのに、知りもしないのに断定しちゃってさ。 おかげで、疑うことを知らない、あるいは疑う術を知らない人が信じちゃって困る。

小池良次執筆、2008/9/4、日経ITプラス、小池良次の米国事情、「グーグルがブラウザー「クローム」で狙う新しい市場」
 http://it.nikkei.co.jp/internet/column/koike.aspx?n=MMITbo000004092008
クロームは速度を上げるため独自の!JavaScriptエンジンを開発するなど、いくつかの革新的な試みを行っているが、最大の特徴はマルチ・スレッドという点にある。これは、ウェブを開いたタブがそれぞれ独立しているということで、たとえひとつのタブがトラブルで閉じてもほかのタブには影響が及ばない。

念のため。

  • Chromeの特徴は、タブごとにプロセスを割り当てたマルチプロセスであること。
    • IEや!FireFoxは複数のタブを1つのプロセス内の複数スレッドが分担する。
  • Chromeの!JavaScriptエンジン「V8」は、同時に複数の!JavaScriptスレッドが動作できる=マルチスレッド。
    • IEや!FireFoxのエンジンは同時にひとつのことしかできない。Gearsを入れない限り。

!JavaScriptエンジンのマルチスレッドと、タブブラウジングのマルチプロセスを混同したんだろうね。

ジャーナリストに技術の全てを知っていろと要求しようとは思わない。 でもね、知らないことを知らないと言い、聞いたことを「と聞いた」と言い、自分の意見と事実とを区別し、詳しい人の助言を受けるような謙虚さが大事だと思うんですよ。 僕はね。

(2008/9/8 - sgk)