wiki:FonFirstLook

Version 1 (modified by sgk, 13 years ago) (diff)

--

FON来ました。

(2006/12/13 - sgk)

 FONのルータ「 La Fonera(ラ・フォネラ)」が届きました。 届きましたというより、12/7には配達されてきたんだけど、ようやく受け取ることができました。 やっぱり着払いは良くない。宅配ボックス無意味じゃん。

パッケージ

良くない。 箱もマニュアルも、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語です。 日本語の資料らしきペラペラが入ってますが、翻訳最悪です。 「普通の人」に使わせるつもりなら、もう少しマトモに翻訳しなよ。 ま、1,980円(というか僕は無料キャンペーンだったので送料945円)だから無理ないのか。

ハードウェア

届いて真っ先にやることは、分解すること。 電源を入れるより前に分解するのが流儀。 写真を撮っておいたのでそのうち掲載します。 結論から言えば、 Broadcom製の MIPSベースSoCで作ったごく普通のルータ。 Broadcom提供のリファレンスデザインそのまんまかもしれません。 そもそもどっかで作ってる物のOEMなんでしょうね。中国製。 一部報道に「プラネックスが製造」とかありましたが、どうもそんなふうには見えません。

載ってる物は以下のような感じ。

  • BroadcomのSoC(型番未確認)
  • Flashメモリ
  • SDRAM
  • イーサネットPHY "ALTIMA AC101"
  • イーサネットのトランス
  • アンテナ

ほんのり暖かいのが気になります。24時間稼働させっぱなしにするのだから。 そうそう。MIPSのJTAGポート(EJTAG)らしき基板パターンがあります。 そのうち、もう1台買ってきていじってみましょう。

ソフトウェア

なんのことはない、Broadcom製MIPS SoC採用の無線LANルータ用の「代替ファームウェア」である、 OpenWrtをカスタマイズした物です。 ソースコードも(当然ながら)提供されています。 ファームウェアにお金があまりかかっていないから、値段を安くできるんでしょうね。

公開側ネットワークに接続して適当なURLにアクセスすると、勝手にFONのログイン画面が表示されます。 そのはずなんだけど、どうもうまくいかないことが多いです。そんなときはブラウザに「1.1.1.1」とか入力。

サイト

サイトの作りはあまり良くありません。 まずはデザイン。「革命」の雰囲気を出したいのでしょうけれど、壁にペンキで落書きしたようなロゴとか、ロゴに合わせたその他デザイン。 普通のユーザの一人としては、別に革命なんて関係ない。自宅でも外でも無線LANが使えればいい。 それなのに「革命に参加させられちゃう」のはちょっとごめんなさいな気持ち。 海外ではどうなのか知らないけれど、日本では受け入れられないんじゃない?

日本語おかしいです。マニュアルと同様、翻訳の質は低いです。 ところどころ英語が混じってます。 こんなんじゃ、素人さんは参加できないよ。

困ったバグを発見。いや、バグで30分悩みました。 公開側ネットワークに接続するとFONのログイン画面に接続されて、ユーザ名とパスワードを入力させられるんだけど、 ここの「Login」ボタンはマウスでクリックしなければいけない。 何を言っているかというと、タブキーでフォーカスを移動してスペースキーで送信なんてことすると、ログインできません。 わたし、普段、キーボード操作な人なので、ハマりました。 (スペースキーじゃなくてエンターキーならだいじょうぶみたい。)

まとめ

それにしても1,980円は安い! FONユーザに使わせず単に個人で無線LANが欲しい場合に使うのでもいいかもしれない。 FONが赤字覚悟で広めようとしているのだとしたら、それはちょっとかわいそうだけど。 個人的には、OpenWrtとかいじって遊びたいので、FONのルータをたくさん買ってこようかともくろんでいたりします。