wiki:FedoraCore6NetworkInstall

たまにはFedora Core 6をインストールしてみる(ネットワークインストール)

いっつもDebianやUbuntuばかりなので、たまにはFedora Coreをインストールしてみましょう。 Debian好きなのは、何も世間にへそを曲げているわけではなくて、apt-getが性に合ってるから。 それでも、たまに.rpmでしか供給されてないソフトを入れる必要があって、Redhat系が必要になります。

Fedora Coreに限らず、Redhat系を入れるっていうと、「じゃ、DVDかCDのイメージを大量にダウンロードして…」って話になりがちです。 ウチでも、「Rのメディア5枚なんてあったっけ~?」「でかすぎ!ダウンロード1日がかりだよー」なんて騒いでいる人がいたりして、ちょっと悲しいです。 イメージを全部ダウンロードしてからインストールなんて、無駄以外のなにものでもないです(いや、何台もインストールするのであれば、DVDかCDを焼いちゃった方が速いでしょう)。 ネットワークインストールをやりましょう。必要最小限のファイルだけダウンロードしてから起動し、必要なパッケージだけをインストーラがダウンロードしながらインストールしてくれます。

最小限のブートイメージをダウンロード

 このあたりからたどって、FC-6-i386-rescuecd.isoっていうイメージをダウンロードします。  たとえばここにあります。 ん。rescuecdですか。これがレスキューCDって名前だから、ネットワークインストールが流行らないのかしらん。

起動

先ほどのブートイメージをCDに焼いて、PCで起動します。 とはいえ、僕はVMwareなのでそんなことはしません。 VMwareの場合には、ハードディスクをSCSIではなくIDEとして設定した方がいいようです。 SCSIでは、そのままではディスクを認識しませんでした。

ブートプロンプト

起動したら、Linuxのブートプロンプトで「linux」と入力してからエンターキーを押します。 Linuxが起動したら、よく見る画面になるので、適当に進みます。

ダウンロードサイトの指定

途中で「Installation Method」を聞かれます。

インストール方法を聞かれる

ここでは、「HTTP」か「FTP」を選んで先に進みます。一般にHTTPの方が高速ですが、ダウンロードサイトの都合にもよるので一概に言えません。 次に「TCP/IP Configuration」を聞かれます。DHCPが無難でしょう。IPv6のチェックを外しておく方がよさそう。 次に、ダウンロードサイトを入力するように言われます。これはHTTPを選んだ場合です。

ダウンロードサイトの指定

残念ながらここは手入力する必要があります。Debianならリストから選ぶだけなのにね。 このあたりも、ネットワークインストールが流行らない原因かもしれません。

ここでは、ダウンロードサイトの「…fedora/core/6/i386/os」というディレクトリを指定します。 先ほどの このあたりからたどって、いずれかのダウンロードサイトを指定してください。 たとえば、僕は以下のように入力しました。

Web site nameftp.iij.ad.jp
Fedora Core directory/pub/linux/fedora/core/6/i386/os/

ディレクトリ名の最後の「/」は有っても無くてもだいじょうぶです。

あとはおなじみ

あとはおなじみの画面になるので、適当に進めてください。

Anaconda

(2007/4/28 sgk)

Attachments

  • 1.png Download (19.4 KB) - added by sgk 10 years ago. ブートプロンプト
  • 2.png Download (12.5 KB) - added by sgk 10 years ago. インストール方法を聞かれる
  • 3.png Download (13.5 KB) - added by sgk 10 years ago. ダウンロードサイトの指定
  • 4.png Download (231.6 KB) - added by sgk 10 years ago. Anaconda