Changes between Version 12 and Version 13 of DjangoCon2008


Ignore:
Timestamp:
09/12/08 16:06:52 (9 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • DjangoCon2008

    v12 v13  
    2626次のセッションは Malcolm さんによる Django ORM の解説。 モデル-マネジャ-マネジャメソッド-QuerySet-Query の連携について詳しい説明。究極的には、ストレージはRDBMSでなくても対応できるような気がしてきました(BigTable? Cache? yes!) 今後の課題として、DBの実装にカップリングしない集約メソッド(sumとかcountとかavgとか)を挙げていました。 
    2727 
    28 その次のセッションは、GeoDjangoにするかPinaxにするか迷ったのですがGeoDjango。GeoDjangoは1.0にぎりぎり滑り込んだ '''とても熱い''' ブランチ、 gis で、位置情報を扱うためのパッケージです。PostGISで使えるような位置や距離のクエリのサポートや、Google Mapsのようなマップとのマッシュアップで必要な座標系やデータフォーマットのサポート、GEOSとかGDALのようなパッケージへのバインディングをサポートしています。Admin を拡張して、Yahoo mapを使ってポリゴンデータを登録するデモが圧巻でした。素晴らしい。1.0 登場という大イベントがなければ、gis ブランチは間違いなくこの一年でDjangoにもたらされた進歩の中で最も素晴らしいものの一つです。 
     28その次のセッションは、GeoDjangoにするか[http://pinaxproject.com/ Pinax]にするか迷ったのですがGeoDjango。GeoDjangoは1.0にぎりぎり滑り込んだ '''とても熱い''' ブランチ、 gis で、位置情報を扱うためのパッケージです。PostGISで使えるような位置や距離のクエリのサポートや、Google Mapsのようなマップとのマッシュアップで必要な座標系やデータフォーマットのサポート、GEOSとかGDALのようなパッケージへのバインディングをサポートしています。Admin を拡張して、Yahoo mapを使ってポリゴンデータを登録するデモが圧巻でした。素晴らしい。1.0 登場という大イベントがなければ、gis ブランチは間違いなくこの一年でDjangoにもたらされた進歩の中で最も素晴らしいものの一つです。 
    2929 
    3030初日のラストは、Why I hate Django. 要するに「誉め殺し」ですね。。。「Django developers=boys band疑惑」とか、「マスコットがない」とか「こんなバージョンが低すぎるソフトウェア使えないよ」とか、スライドだけ眺めていても笑える、楽しいトークでした。