wiki:Diner

神楽坂で晩ご飯または飲み

神楽坂で晩ご飯。梅田で晩ご飯はこちら

ランチはこちら

エル・プルポ「ElPulpo」

ろばたの炉

出島

 アール・エ・ヴァン ハプ「art et vin HAP」
葡萄酒と和食の、きれいで気持ちのいいお店。表通りからちょっと引っ込んだ場所にあるガラス&鉄骨の建物が印象的で、回り階段にもセラーが配置してあり目を引きます。1階がカウンター席で2階がテーブル席、料理は月替り。葡萄酒の選択はお店の方に好みと予算だけ伝えれば、150以上のストックの中から紹介してくれます。ただし、あまりいいボトルを頼むと、福沢さん(達)が飛んでゆくかも。葡萄酒とお料理を美味しく楽しんでほしいという熱意と工夫がスタッフから直に伝わってくるのが魅力です。最近結構人気の様子で混んでいる時もありますので、電話予約が確実な様子。
SLOP
元マリーズダイニングの場所に、2007年2月に新たに開いたイタリアン。内装はテーブルの位置が若干変わって、ボブマーリーのポスターがかかっていたくらいの違い。マリーズと関係がある?料理はベーシックなイタリアン。味付けは、全体的に輪郭がはっきりしていてお皿の特徴が捉えやすいですが、とても上品です。ちょっとアジア系なスパイスが使ってあるお皿があったり、意外な驚きが。しかもその穏やかな風味が葡萄酒ととてもよく合ってます。アラカルトが沢山、他に軽いおつまみなんかもあります。春から夏にかけて、少し静かな雰囲気で軽く一杯遣るには最適でしょう。そう、 東京エールNo.3、ありますよ!
 ル・クロ・モンマルトル
神楽坂通り沿いのロイヤルホストの角を曲がり、仲通を50メートルも行ったところで右にすっと視線をやると、細い道沿いにフランスのカフェっぽいテラスのある、感じのよいビストロがあります。食事はかなりいい線行っていると思います。葡萄酒は、グラス売りが少ないのが残念。銘柄をよく知っている人であれば、自分でリスクを負ってボトルを選んでみるのもよいでしょう。ちなみに私は選ぶのに失敗したみたいでした。。
 神楽坂 串焼てっ平
焼き鳥ほか串焼きやさん。毘沙門天様の向かい側にある郵便局の脇の抜け道をずーっと通り抜けて下っていくとあります。こういう細い道が残っているのが神楽坂っぽい。穴場感が味わえます。お店の入り口も風情がたっぷり残っています。コース料理がお徳なので、何でも食べられる方は最初はコース選択が吉。焼き鳥は、中野北口の竹薮か、神田の名前を忘れたシックなお店か、ここか、というくらい美味しい。梅酒がいろいろ揃っています。最近流行っているのかな。これからは日本酒でレア物が出てくるかなあ。
 エルカミーノ「El Camino」
軽子坂にある、スペインのバル。場所はちょっと分かりにくいけど、食べ物やさんが集まっている一角。タパスという小皿料理とスペインの葡萄酒のお店。赤白で10種類はグラスでOK、ボトルはとっても回転がいいので新鮮。スペインの葡萄酒を軽く探検できます。タパスは常時20種類くらい、カウンターに座れたらお勧めを説明してもらえます。オリーブオイル+ガーリックが利いているのは好き好きだと思いますが、これもスペイン風。もう少し一皿の量が多いともっといいのだけれど。
 ビアバー ビター「BeerBar Bitter」
2006年8月10日開店。ベルギービール。本多横町の終わりの方、お蕎麦屋さん「まろうど」の向かいの建物の2階。「とりあえず、ヒューガルデン・ブランシェ」「フリッツ」「ハモン・イベリコ・ベジョータ」「ドライトマトのハーブオイル漬け!」 以下は噂。詳しくは直接お確かめを。(1)学生さんは「学生です!」というと生ビールが「つゆだく」になるらしい。(2)金曜はお店特製のグラスに他の日に出さない「第3のビール」が注がれるらしい。(3)17時-210時は空いてるらしい。(4)早目に行ってゆっくり楽しむのが吉らしい。
 ピッツェリアジェラテリア ジィオ「Zio」
神楽坂らしい、ちょとだけわかりにくい場所にあります。店内に設置した窯で焼いたピッツァが人気のお店。でも、それだけじゃない。時折やってる郷土料理フェアもすばらしい。特色あるイタリアの郷土料理を、その地方の葡萄酒と一緒に愉しめます。「各地方の郷土料理はあるが、イタリア料理なんてものは存在しない」といわれる理由の一端がわかる、かも。もちろん締めは、自慢の手づくりジェラートで。美味しいですよ~!
 麻布羊屋
ラム肉のジンギスカンのお店。健康的に肉と大量の野菜が食べられます。網焼きが名物らしいのですがまだ食べたことがありません。。ジンギスカンのブーム?もそろそろ去った様子ですが、開店当時と変わらず混んでます。ここのラム肉はさっぱりしていて美味しく、サイドメニューも(ミミガーのポン酢和えがなくなっちゃったのが残念だけど)わりと豊富。ビールはサントリー。席は40席ちょっと。2006年6月末に銀座店もオープンした様子。それで以前居たオーナーさん達がいないのか、気になっていたのですが納得。今度そっちにも行ってみよう。
 BAR&CAFFÉ M's
神楽坂界隈では数少ない、ギネスとバスペールエールのドラフトを置いてある貴重なお店。キルケニーもあると最高なんですが。おつまみもお酒のアテから夕ご飯になるしっかりしたものまで揃ってます。カウンター席とテーブル席があります。スタッフの皆さんの応対がとても好感が持てるお店です。棚には洋酒のボトルがびっしり。1000種類くらいあるそうです。強い方は色々試してみると面白いかも。
 蕎楽亭(きょうらくてい)
蕎麦居酒屋。毘沙門天を入って突き当たりを左へ。最初の交差点左側すぐ。 夜は予約してから行ったほうがいいかもしれません。人気店で、雑誌にもたびたび掲載されるので。 個人的には、肉ざるがお勧めです(←イツコさん)。トマトそばなんていう変り種もあり。
 ブラッセルズ
ベルギービール。「とりあえず、ヒューガルデン・ブランシェ」「あ、あと、フリッツで」「オリーブも!」。 「幸運を呼ぶBenFoldsアルバム」という伝説が現在進行中です。詳しくは店長さんまで。
 ラ・カシェット
地ビールダイニングバー。ヒグマ濃いビール、あります。
 ル・ブリュターニュ
ガレット(お食事クレープ)。ちゃんとソバ粉でできた、お食事クレープのお店。 シードル(リンゴを発酵させたお酒)も楽しめます。シードルがボトルではなく、1杯ずつオーダーできるのが嬉しい。 「そばビール」あります。いつでも混んでるので、予約が必須。 運が悪いと、「大声絶対禁止」のテラス席になっちゃいます。 お向かいが料亭のため、大声禁止だそうです。 ランチがちょっと高いのが難点。いや、ランチに行ったことがない。
 炙焼キンペイ鼎(かなえ)
地鶏と焼酎。ランチでもお世話になってます。
 イブ・テラス
ロティスリーチキン。歓迎会といえばここ。通称「あのイモの店」。イモがメインじゃないからさー。 だれも、あのイモ料理の正式名称を知らない。 ローストしたポテトに、サワークリームと、甘酸っぱいソースがかかってる。 ドイツビール、ギネスビール(on tap)もあります。
 鳥茶屋
関西風うどんすき。焼鳥屋ではありません。うどんすきは、関西風の出汁に極太の麺。おなかに堪えます。 予約するのがお勧め。
 BAR SHERRYWOOD
ショットバー。シガーもありますが、試したことはありません。案外広いので、3~4人でいきなり行っても入れることが多い。
 Stone Pavement
ショットバー。カウンター7席のみ。
Mos's-C
日本に1店しかない、モスバーガーの高級ハンバーガーショップ。実はビールの種類がとても豊富でかつ安い。ハンバーガーもいいけどサイドディッシュもすてがたい。ピクルスとトルティーヤチップスは必ず頼みます。「ちょっと一杯」が気持ちよくできるお店です。TracがバグっているのでURLはこちらに書いておきます。   http://vip.mapion.co.jp/c/f?uc=4&pg=1&grp=MOS&ino=BA348396
 赤提灯ろびん
ちょっと分かりにくい場所にある、民家を改装したお店です。昼は「昼行灯ろびん」というお「番茶カフェ」で、17時から赤提灯ろびんに変身します。入ってすぐ2階にあがると、広い板間に卓袱台が点々、ほどよく薄暗くてゆったりできます。最初に1500円でおつまみが一式+好きなお酒ひとつが(たしか)つきます。緑茶梅酒とかちょっと面白いものがあったりして楽しめます。
 築地すし好
ちょっと寄るなら吟遊よりこわくない。店構えも小さく神楽坂っぽい雰囲気。握りは小さめ、きれいで明朗会計。おつまみもいけます。平日は17時から夜中の3時半まで開いてて、夜になるほど人で一杯です。少人数でカウンターがお勧め。
 よねやま
上記「築地すし好」よりもより神楽坂らしいお寿司のお店。20人も入ると一杯のお店なので、予約した方がいいようです。宴会用の座敷には10名程度入れます。中は禁煙なので吸いたい方はご注意を。お寿司もお酒のつまみも、丁寧な仕事がしてあります。何かが特にウリでコーフン系、ではなく、気分をゆったりとさせてくれる優しい味。なので、おなか一杯になってもまた来ようという気にさせます。たまには静かに美味しいお寿司を、という時にとってもお勧め。
 吟遊
築地や銀座の数分の一のお値段で美味しいマグロが食べられるというお店。マグロのいろんな部位が楽しめるマグロ尽くしなんてメニューもあります。他のメニューもかなり豊富でお酒もいいものが置いてあります。銀座より安いからといってしっかり食べると、福澤先生が複数枚飛びます。すごいオオトロを食べたい!マグロ命!という方にお勧め。