wiki:Dejima

出島

長崎の料亭がやっているという高級なお寿司屋さん。 入り口を開けると、ちょっとバブル期を思い出させるような豪勢な造り。正面の遠くにカウンターと板前さんが見えて、初めてだとそこまで歩いてゆくのにちょっと緊張したりします。こういうお店があるのも、神楽坂の懐の深さでしょう。 お寿司はやや細長い華奢な感じの握り。シャリもやさしい味です。トロも当然ありますが長崎から直送というお魚も多く、白身が好きな方には品揃えが多くて嬉しいかもしれません。お寿司以外にもいろいろな品があり、お酒もいいものがかなりの品種揃えてあります。面白いのがお醤油が数種類、白身のお寿司につける調味料は塩のほかにも珍しい塩ポン酢や海水まで用意され、意外性と美味しさが同居しています。板前さんの目も行き届いており、いいタイミングで握ってくれます。味や雰囲気、構え、お値段ともに接待にぴったり。場所は、神楽坂下交差点から神楽坂を登り、毘沙門天を過ぎた先の左側、元のおかゆが美味しい中華屋さんがあった所、イタリア料理の「アルベラータ」も入っているビルの2Fです。