wiki:CoffeeWithOil

コーヒーにサラダ油を入れて飲む

コーヒーにサラダ油を入れて飲むなんて悪趣味なことをする人はいないと思いますが、似たようなことをする人は多いです。 いわゆる「コーヒーフレッシュ」。喫茶店でコーヒーを頼むと付いてくる、小さなプラスチックパックに入った白い液体のアレです。 大阪方面では「フレッシュ」と呼ぶとか(デマかな)。

「ああ、生クリームのことでしょ」

いいえ。違います。

あれは生クリームではありません。生クリームどころか、牛乳の成分はまるきり入っていないのが普通です。 牛乳の成分を配合してあると、さも自慢かのように「乳成分入り」なんて大きく書いてあったりします。 「配合」って言っても、全体の数パーセント入れました、とかに過ぎない。

あれは、単なる植物油です。 植物油に水を入れてまぜると分離してしまうので、乳化剤(石けんのようなもの)を添加。 白くするためにデンプンを入れることもあります。 増粘多糖類(ねばねばの液体)を入れてどろりとさせます。 あとは香料とか、着色料とか、pH調整剤とか。

あんなもの、入れないに超したことはありません。 特に、ダイエットなんてしてる人はお気をつけください。

元ネタは「 食品の裏側:みんな大好き食品添加物」という本です。この話以外もなかなか興味深いです。 (めずらしくアマゾンのアフィリエイトにしてみました。嫌いな人はクリックしないでください。アフィリエイトで会社で儲けても仕方ないので、全部寄付にまわしますが。)

(2007/6/8 sgk)