wiki:Coffea

コーヒーの木

2011.7

2008年の1月末に、会社近くのタリーズがオープンしたとき、記念に配られていたコーヒーの木をスタッフが持ち帰ってからずっと会社で育てていたコーヒーの木。もともと、元気はなかったのですが、この夏、葉が枯れてしまい、とても残念な状態になりました。

なんとかならないものかと近くの100円ショップで、活力剤を購入して差してみたり、葉をぬれティッシュとラップでくるんで保湿したりしてみましたが、かえって枝が黒ずんできました。。

2011.7.11

そこで、対処法について検索したところ、カットバックに行きつきました。コーヒーの木の幹を土から30cm程度のところでばっさり切ってしまって再生を待つというもので、半年ほどで新芽が出てくるようです。実は、定期的にカットバックをした方が、コーヒーの木は長生きするそうです。

カットバック実施は、2011年7月11日です。うまく行けば、年末頃に新芽の写真を載せられるかもしれません。

上の写真は若かりし頃。2010年の3月のものです。ここまで回復するのはいつごろでしょうか。。

2011.7.22

おや、新芽らしきものが出てきてます。

2011.8.1

かなり葉っぽいみかけに成長してきました。予想よりだいぶ早いです。

2011.8.8

2011.8.15

葉がかなり大きくなり枚数も増えました。でも、てっぺんしか新芽が育たない。もう少し枝が伸びるとかしないといけない気がするけど、大丈夫かなあ。。

2011.9.2

ヤシの木みたいと言った人がいましたが、ほんとにてっぺんだけ競って葉を開いてます。はやくも他の葉の陰で成長してない葉もあって心配。

Attachments