Changes between Version 2 and Version 3 of AsteriskDebian


Ignore:
Timestamp:
09/14/06 07:36:35 (13 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • AsteriskDebian

    v2 v3  
    1313== Debian etch == 
    1414Debianのバージョンはどうしよう。 
    15 もうすぐ次期バージョンが出るという時に、今さらsargeってのも不毛だ。 
     15[http://www.debian.org/News/2006/20060724 もうすぐ次期バージョンが出る]という時に、今さらsargeってのも不毛だ。 
    1616Debian etch(カーネル2.6.16-2-686)にインストールすることにする。 
    1717 
    1818== Zaptel 1.2.8 == 
    1919Zaptelのカーネルモジュールのビルドはめんどくさいので、Debianに付属の物を使用することとした。 
    20 使用したボードは、X100P(コンパチ品)。 
     20Debianに付属のは、Zaptel 1.2.8。 
     21本日(2006/9/14)現在、Zaptel 1.2.9が存在するのだけど、1.2.8とあまり変わらないようだ。 
     22だいじょうぶでしょう。 
     23使用したボードは、[http://www.digitnetworks.com/X100P_FXO_PCI_Card_p/x100p.htm X100P(コンパチ品)]。 
    2124 
    2225{{{ 
     
    4043これをつけなくても一見うまくいっているように見える。 
    4144しかし、ISDN TAに接続すると、何度か発着信を行うと「`WARNING: Detected alarm on channel 1: Red Alarm`」などというエラーが発生して機能しなくなる。 
     45「-DJAPAN」があった方がいいかもしれないが、`wcfxo.c`を見た範囲では、「`ZERO_BATT_RING`」を定義すると「`JAPAN`」も定義されるようなので、とりあえず無視。 
    4246 
    4347インストールしただけでは`modprobe`でモジュールファイルがみつからないので、`depmod`が必要。 
     
    4650ここまでの作業のままでは、Linuxを再起動するとwcfxoがロードされない。 
    4751`/etc/modules`に以下の行を追加しておく。 
    48 ただし、これはアナログ回線接続ボード(FXOボード)としてX100Pを使う場合。 
    4952{{{ 
    5053wcfxo