wiki:しろうと用語

しろうと用語

専門用語の発音も併せてどうぞ。

わりとどうでもいいメモ。 これを言ったら初心者か、言葉に気をつけない人か。 言っている人がいたら、優しくしてあげてください。

以下、凡例は「正しい用語→しろうと用語」です。念のため。

凡例(はんれい)→凡例(ぼんれい)
念のための念のため。
オーセンティケーション→オーセンティフィケーション
そんな言葉はありませんよ。
ウィキペディア→ウィキ
最近多いです。そういう人。略せばいいってもんじゃありません。 ウィキペディアは固有名詞。ウィキは、「掲示板」とか「ブログ」とかと同列で、サイトっていうかサービスの種類を示す言葉。
インストール→インストロール
よくわかりません。
スロット→スロットル
スロットルは、飛行機とかバイクとかについてますね。
デスクトップ→ディスクトップ
画面を机の上に模しているから、デスクトップなんですよ。
ハードディスク→ハード
初心者の人と話をしててどうもかみ合わないと思ったら、ハードウェアのことじゃなくて、ハードディスクのことを指してるんですね。
ハードディスク→メモリ
PCにメモリ80Gも積んでるそうで、びっくりしました。
CD-ROM→ROM
ROMって、LSIの一種です。
ウェブ→ウェーブ
もはや懐かしい「ネットサーフィン」ってあたりから関連づけて覚えちゃったんでしょうか。
X Window→Xウィンドウズ
ちょこっとかじった人でも案外間違える。「まいくろそふと・うぃんどうず」は正しいけど、「えっくす・うぃんどう」は正しくありませんよ。「えっくす・うぃんどう」です。ああ。X Windowって、MITが開発したアレですよ。念のため。
JavaScript→Java
!JavaScriptとJavaは全く違う物ですよ。親戚でもない。関連技術でもない。
Java→java
小文字で書く流儀は知りません。そうそう。コマンドの名前はjavaかもしれない。
JPEG→jpeg
ファイルの種類の名前、画像圧縮技術の名前は大文字。小文字で書いたら、ウィンドウズの拡張子。余談ですが、ファイルの種類の名前は、本当の本当はJFIFなのだが…、技術者でも案外知らない。
GIF→gif
これも同様。

専門用語以外

コミュニケーション→コミニュケーション
つい間違えちゃうときもあるけれど、なぜかいつも間違えて言っている人も多いですね。 コミュニケーションはcommunication。「ミ」の後に「ュ」が入ります。 「ノミニケーション」なんて造語を作ったりするから、どっちかわかんなくなるのかも。
シミュレーター→シュミレーター
これも上と同様、いつも間違えて言っている人が結構多い気がします。 シミュレーターはsimulator。やっぱり、「ミ」の後に「ュ」が入ります。
フィーチャー→フューチャー
「○○をフィーチャーする」って言い方が数年前から流行っているようです。 流行の元はFMラジオとか音楽業界ですね。僕は、カッコ悪いって思っちゃう方なんで、使いませんが。 フィーチャーはfeature。「機能」って意味。転じて、雑誌で「特集する/している」って意味です。 で、よく「フューチャー」って言ってる人がいるけれど、間違いだから気をつけましょう。 フューチャーは「未来」ですよ。FMでバイリン(古いっ)風にカッコつけてしゃべってるヤツでも案外間違えてます。
アピール→ピーアール
「ピーアール」は「PR」で、「Public Relations(広報活動)」です。 「ピーアールする」という言い方は誤用です。
アボカド→アボガド
濁点増やしちゃだめです。